MENU

年金受給者はSMBCモビットに申込めるのか?

年金受給開始年齢がどんどん先延ばしになっていく昨今、やっとその年齢に達したかと思っても、決して安心出来る収入には程遠く、現役世代の様にカードローンで対応したい色々なケースが出てくるものです。毎月ギリギリの生活の中

 

 

  • どんどん痛んでくるマイホームの修繕はどうするか?
  • 思いがけず壊れてしまった家電の買い替えをどうするか?

悩みは尽きません。現役世代で利用したことのある消費者金融のカードローンは、年金受給者でも申し込んで契約することが出来るのでしょうか?

年金受給者でも申込めるカードローンは?

平成22年に改正された貸金業法により、消費者金融会社は個人が受け取った年収の1/3以上の金額を貸し付けることが出来ないという総量規制が施行されました。この法改正によって

 

 

無職で前年度の年収が無い場合には、消費者金融会社は貸し付けが出来ないようになってしまったのです。


その為、収入が年金だけという方の場合には、カードローンの申込みをしても審査が通りづらくなっているのが現実的な話です。

 

 

もちろんSMBCモビットでも年金受給者で年金のみの収入では申し込みできません。


しかし、借入の申込みを受入れてくれる金融会社が無いのかと言えばそうではなく、僅かな望みではありますが、年金受給者でも申込みを受付けてもらえるカードローンはあります。正直、年金だけを収入とされている場合は

 

 

  • 一般的な消費者金融系カードローンでは審査が通らない(申込不可能)
  • 若しくは申込みの条件を満たしていない

と判断されるケースが殆どです。望みが持てるのは、銀行系のカードローンとなります。銀行系カードローンというものは元々、

 

 

銀行法に基づいて商いを行っている為、貸金業法の総量規制の対象外である


為、貸し付けがそれぞれの審査・裁量によるものであるからです。現在確認出来ている銀行系カードローンの内、年金受給者でも申込みが可能なカードローンは、

 

 

  • 三菱UFJ銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

となります。

公的機関で借りる

年金受給者がカードローンでお金を借りることが難しい状況であることは難しい状況であることは間違いありませんが、公的機関で貸し付けを行ってくれるものがあります。

 

年金担保融資というもので、福祉医療機構の年金担保貸付事業が行っている年金受給者を対象にした貸し付け事業となります。お金の使い道も、

 

 

  • 冠婚葬祭
  • 医療費
  • 住宅修繕
  • 生活必需品購入

など多岐に渡ります。

借入範囲 10万円〜200万円の範囲内
借入可能額 年金額の80%以内
借入可能額 1回の返済額の15倍以内
金利 1.8%

という条件を満たす金額が限度額となります。金利が1.8%という低金利はありがたい点と思います。一般的なカードローンは、無担保・保証人不要とするものが多いですが、年金担保融資は文字通り

 

 

年金を担保にして年金証書を預け連帯保証人も必要となるものです。


万が一家の修繕費用や冠婚葬祭などの出費に対応出来ない場合には、消費者金融系カードローンでお金を借りることは難しい状況ですが、年金受給者でも申込みが出来る銀行系カードローンに申込んでみる、または

 

 

年金担保融資でお金を借りるということも検討する選択肢として覚えておいた方が良いと思います。