MENU

SMBCモビットの利用目的はどこまで詳細に書くべきか?

消費者金融のSMBCモビットは、融資を受けたお金の利用目的が自由という特徴があります。とはいえ、さすがに無制限で利用できるというわけではなく、SMBCモビットの申し込み画面によると

 

 

ギャンブル目的の資金は融資不可とあります。


また、SMBCモビットの申し込み画面では、

  • 物品購入費や教育資金
  • 生活費

など10項目にわたって利用目的を選ぶことができます。この10項目のひとつにその他というものがあり、これを選択すると20文字以内でSMBCモビットから借りたお金の利用目的を記載する欄が出てきます。

利用目的の記入について

SMBCモビットの申し込み画面からわかることは、それほど詳細な利用目的を登録する必要がない、という点です。たとえば物品購入費であれば、そこにチェックをつければ良いだけであり、

  • 具体的に何を買うのか
  • どこで買うのか

といったことまで説明する必要はありません。仮にその他という利用目的だったとしても、説明については20文字以内なので、あまり詳しく書くことができなくなっています。

 

 

細かく記入する必要がないのは・・・


なぜここまで利用目的についてはシンプルな構成になっているのか、ということですが、ひとつはSMBCモビットを利用することができる人というのが、幅広い層から利用できることを想定していることが関係しています。

安定した収入があればSMBCモビットの利用は可能

確かに毎月収入が安定していること等の条件こそありますが、その条件さえ満たしていれば、SMBCモビットからお金を借りることができるのは必ずしも会社員や公務員だけとは限りません。

 

 

利用目的がひとつじゃない場合もあるしなぁ・・・


パートやアルバイトで収入を得ている人であってもSMBCモビットからお金を借りることができますので、それだけ利用者の裾野も広いということになります。利用者の裾野が広がれば、

 

 

必然的に利用目的についても幅広いもの


となっていきますので、こうした部分にまで細かく確認することが難しいといえるでしょう。また、プロミスでは利用目的よりも返済能力を審査では重視しますので、要はどんな利用目的であっても借りたお金はきちんと返済できる人であることが大切なのです。