MENU

両端方式と利子の関係

キャッシングの際に使われる両端方式とは、お金を借りた初日と返済した日を含めて利子を計算する方式のことです。似た言葉の片端入れ方式の場合は一般的に初日を計算にいれません。

 

つまり片端入れと両端入れでは利子が発生する日数に1日差が出ることになります。少額であったり長期的に借りる場合には1日は大きな差ではないかもしれません。しかし、複数回にわたってお金を借りる事になると毎回1日分の利子の差が発生することになります。

 

 

両端入れ方式の場合に実際にいくら返済するばいいのか利子も含めて考えましょう。


当然ながら同じ金額を同じ利率でキャッシングした場合には両端入れの方が多くのお金を返済する必要がでてきます。また、

 

 

複利計算の場合は利子分に更に利子がかかってきます。


両端入れ複利計算の場合はより大きな差が生まれてしまうことになるため注意しましょう。当たり前の事ですが、自分がどういった条件でキャッシング利用しているのか今一度確認すると良いでしょう。

 

両端入れ方式でキャッシングをする場合は当然1日目と返済する日は日付が同じなら何時でも同じだけ利子が発生します。なので

 

 

翌日必要なお金を前日の夜にキャッシングした際に1日分の利子が多く計算されていました。


翌日のキャッシングでも間に合う場合は日付が変わってからキャッシングを利用すると良いでしょう。また、返済する日に無理して朝一で返済する必要もありません。

 

早く返済した方が良いのは間違いありませんが、利子という面から考えると同じ日に返済するのであれば違いはないという事です。