MENU

SMBCモビットにも関係のある総量規制とは?

消費者金融などでカードローンを利用する場合、必ず総量規制と呼ばれる規制が用いられます。この総量規制と言う規制は貸金業法下で営業を行う金融う業者全てが対象となる規制となります。

 

 

SMBCモビットも当然、その対象です。


総量規制の規制は年収の三分の一を超える貸し付けを禁止すると言う規制で、業者の貸し過ぎを規制する目的と利用者の借り過ぎを防止する目的がある規制を事をいいます。

 

もし規制を無視して年収の三分の一を超えた場合には金融業者側に罰則が科せられますので、貸金業法下で営業をしている業者ではどうやってもそれ以上のお金を借りることはできません。

 

 

但し、この総量規制には除外と例外というものがあります。


まず除外に関しては住宅ローンや車のローン、高額医療費の貸し付けといったものは、総量規制の対象とならない貸し付けとなります。その為年収三分の一以上でもローンの利用が可能です。

 

例外に関しては顧客に一方的に有利となる貸し付けや緊急を要する医療費の貸し付け、有価証券担保貸付、不動産担保貸付などが例外の貸し付けとなるため総量規制の規制は対象外となります。

 

専業主婦の消費者金融でのカードローン利用に関しては総量規制が必ず関わってきますし専業主婦には自分の収入が存在しない為、

 

 

SMBCモビットも同様に専業主婦は利用する事ができません。


これは年収の三分の一と言う部分が大きく関わり、収入が無いと言うことはその三分の一の金額も計算できないゼロになるため、貸し付け金額もゼロ円となり貸し付けが出来ないことになります。

 

それと先ほど説明した例外の中に、顧客に一方的に有利となる貸し付けというものがありましたが、これは消費者金融などで行っているおまとめローンがそれにあたります。SMBCモビットの場合はおまとめローンという商品がない為

 

 

おまとめ目的で利用する旨を申込みの際に伝えてください。


おまとめローンの場合返済に特化したローンですし、通常のカードローンよりも金利が下がり返済額も少なくなるため、顧客に一方的に有利な貸し付けにあたるため、総量規制の対象とはなりませんから、上手に利用すると返済が非常に楽になると言えます。