SMBCモビット

SMBCモビットと金利のグレーゾーン

消費者金融などでお金を借り入れる際は、金利について正しい知識を身につける必要があります。業者によって金利は異なっているのですが、どのような金利でも自由に定めることができるわけではありません。

 

一定以上の金利でお金を貸し出すことは、法律によって禁止されているのです。借り入れる際に、法律の規定に従った金利になっているかを確認する必要があります。

 

2010年までは金利について定めている法律が2つあり、借金に携わる人にとって分かりにくい状況でした。この2つの法律というのが、

 

 

利息制限法と出資法という法律です。


利息制限法においては、金額に応じて15%〜20%という金利の制限がありました。一方で出資法においては29.2%が金利の上限でした。この2つの法律の間には具体的な規制がない金利が存在していたのです。規制がはっきりしていないということで、

 

 

グレーゾーン金利と呼んでいたのです。


グレーゾーンに当たる金利での借金は、民事では無効とされたのですが、刑事罰は定められていないため、業者が罰則を受けることはなかったので金利のグレーゾーンで貸付する業者は少なくありませんでした。

 

特に、貸金業法に規定されていた厳格な要件を満たしていれば、本来は無効とされる利息が有効になる規定があったため、業者が有効な貸付だと主張する根拠ともなっていました。

 

 

この規定のことをみなし弁済規定と呼んでいました。


しかし、最高裁判所の判例はみなし弁済規定を事実上認めていませんでした。また、2010年の法改正によって金利のグレーゾーンは認められないことになったのです。出資法においても金利の上限が20.0%と引き下げられました。

 

そして、貸金業法も改正される流れとなり、利息制限法で定められた金利の上限を超える場合は行政処分の対象となりました。勿論、

 

 

SMBCモビットも定められた上限金利を超えるような融資は行っていません。


金利のグレーゾーンは現時点では完全に認められていませんが、グレーゾーン金利が存在していた時期に完済した場合でも10年経過していなければ、過払い金返還請求の対象となります。

SMBCモビットの審査を受ける

SMBCモビット
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

page top